各種SaaSの、Azure Active Directory (AAD) でのシングルサインオン対応状況

3/28/2021

Azure AD

SaaS導入したい、というお話って増えているんじゃないかと思います。どんなSaaSを導入したいか、というのは導入主体の部門が何をしたいか次第ですが、利便性とセキュリティ観点から指摘が入ることも・・・。利便性とセキュリティを踏まえると、シングルサインオンはおススメの選択肢です。


様々なSaaSのAAD SSOの対応状況を2020年8月にまとめてみましたが、追記してみました。


まとめ

  
SaaS SSO/ユーザープロビジョニング 公式ドキュメント 備考
Adobe CC いずれも対応
Salesforce いずれも対応
Tableau Online いずれも対応
AWS いずれも対応
G Suite いずれも 対応
  •  GoogleのドキュメントはGCPのものだが、G Suiteでも一緒
zoom いずれも対応
Slack いずれも対応
LINE works SSO記載を確認
Box いずれも対応
  • Businessプラン以上で対応
Dropbox Business いずれも対応
  • Advanced プランのみ対応
Sansan SSO記載を確認
  • オプションサービスなので別途連絡必要
連絡とれるくん SSO記載を確認
  • 見つけられず
  • 扱いっているベンダーの用意したマニュアルは見つかる
Concur いずれも対応

freee SSO記載を確認※
  • 見つけられず
  •  OAuth
楽々清算 SSO記載を確認

Teachme Biz SSO記載を確認
  •  ベーシックあるいはエンタープライズが対応
Dialpad いずれも対応
  • Enterpriseライセンスが必要
Workday いずれも対応
Smart HR SSO記載を確認
  • プロフェッショナルプランが必要

感想

シングルサイオン対応、日本のSaaSでも増えてきました。相変わらずドキュメントが少ない
のはSIベンダーが入るケースが多いから、でしょうか。

Teachme BizのSSO設定のマニュアルはわかりやすくて、さすがと思います。

また追記します。